にんにくサプリメント 口コミランキング

黒にんにくとは?

最近はさまざまな黒にんにく商品が開発・販売されています。そもそも黒にんにくとはどういったにんにくなのでしょうか。

 

健康食品の代表格として珍重されるにんにくですが、実は特定の条件下で発酵させると、真っ黒な色に変化します。具体的には温度や湿度が関係しており、それらの管理をしながら加熱・熟成させることによって、皮や実が黒く変化するのです。よって黒にんにくは「元々黒いにんにく」というわけではなく、普通の白いにんにくだったものを黒く変化させたものということになります。

 

しかし黒にんにくの変化は見た目の色だけではありません。色だけでなく実の性質やにおい、味、栄養素にも大きな変化が出ています。具体的には味にフルーツのような甘味が増し、においが抑えられ、有効成分である栄養素も何倍にも増強しているのです。

 

一応、一般家庭でも黒にんにくを作ることはできますが、手間や時間がかかるため、市販の黒にんにくやサプリメントを利用している人が多いようです。

黒にんにくの効果

黒にんにくには非常にさまざまな健康効果があります。それは普通の白にんにくと比べ、さまざまな栄養素が何倍にも倍増しているためなのです。

 

まずは強い抗酸化作用があります。にんにく自体にはもともと抗酸化作用のある食べ物ですが、これを黒にんにくに発酵させることで、さらに強い抗酸化作用を発揮するのです。

 

アリシンが倍増している

 

にんにくの代表成分であるアリシンが、黒にんにくには多く含まれています。このアリシンには抗菌作用や殺菌作用が確認されています。よって黒にんにくを食べることによって、あらゆる菌を防ぎ、風邪や鼻炎といった病気を防ぐことができます。

 

S-アリルシステインが作られる

 

黒にんにく特有成分である「S-アリルシステイン」には、高い抗酸化作用があります。S-アリルシステインには通常の白にんにくには含まれない成分です。これが動脈硬化、がんなどを予防・改善させます。